ボーリング大会企画マスターへの道【日程調整】

日程調整

ボーリング大会は、出来るだけ多くの人に参加して楽しんで欲しいものですね。
そこで、参加メンバーの都合を第一に考えず、幹事の都合だけでこうした催し物を決めてしまうと、後々、参加出来なかった人が残念な思いをしてしまう結果となります。
そこで、スムーズに日程が調整出来る為に、参加者の都合を情報収集する為のコツを伝授していきたいと思います。

 

開催日の予定候補を2〜3日分ピックアップしよう!

 

職場関係の場合

 

参加者が多くなりそうな時は、予定日と予備日を決め、何人かの人に日程について問題ないかどうか、意見を聞いておくと良いでしょう。
ボーリング大会の予定日をいくつか、候補として挙げておく際には、職場の場合は平日にするか土日にするかで出席率も違う為、参加人数に応じてゲームの数や実際にかかる時間を想定しながら、日程を調整しておきましょう。

 

アンケート形式で

 

参加者の人数が20名以内が予想される場合は、予定日と予定変更日を2日分を候補として入れておきましょう。
募集要項は、職場であれば、全員に配り、その中で出られる日を○、出られない日を×とつけてもらい、どちらも駄目な場合は、都合の良い日時を記入して貰うと良いでしょう。
また、ボーリング大会の開催日のスケジュール調整においては、予定日を3つの候補として挙げおておき、A(参加出来る)・B(参加出来ない)の何れかに○を付け、アンケート形式で参加予定の方に聞いておくようにし、情報収集します。

 

 

市民大会などの場合

 

市民大会や町内の自治会などで行うボーリング大会の場合は、日程の調整については、幹事や役員の方が決めることになるため、調整は不要です。
日時・曜日、申し込み期限と連絡先を決め、出られる方は○月○日までに担当者●●の携帯へ、といったお知らせの張り紙を、図書館や集会所などの目立つ場所に貼り付けます。

 

募集要項などがあれば、その脇に持ち帰れるように設置しておきましょう。
天候にもあまり左右されないスポーツですので、バレンタインやホワイトデー、クリスマス等のイベントと重ならなければ、基本的にはどの日でも大丈夫でしょう。